moon1 loading
moon
star

アートワールドアートワールド

ここでは当社の歴史、ブランドや人にまつわる
ストーリーを紹介していきます。

This web site particularly shows
our history, brand and people story.

ISO 9001 CERTIFICATE No. 200759
ISO 14001 CERTIFICATE No. 4003540
Copyright ©
NIPPON STEEL Stainless Steel Art Corporation.
All rights reserved.

parts01
parts11
parts12
parts09

開発品ストーリー PRODUCT DEVELOPMENT

お客様に高い評価を頂いている製品は数々の試行錯誤を経て作られています。
その根底にあるのは高いチームワーク力です。

We have developed new products which have excellent reputation from customers, making through trial and error.
These efforts are based upon our continuous team work.

parts07
parts02
parts08

会社の沿革 HISTORY

1961年創業以来、業界NO.1の地位を確立してきた我々の軌跡です。

This is our history which we have been NO.1 in the industry since 1961.

parts15
parts13
parts05
parts03
parts04

職人の技 CRAFTSMANSHIP

「人」と「チームワーク」で最高の製品を作り出します。

We produce the highest quality products with craftsmanship and teamwork.

parts14

新しい取り組み CHALLENGE NEW OPPORTUNITY

新たな可能性を求めて

To find new possibility of our products.

parts10

社会への貢献 CONTRIBUTION TO SOCIETY

日鉄ステンレスアートは雇用の創出、社会に役立つ
人材の育成を通して、
地域に根ざした社会貢献活動を継続的に実施していきます。

NIPPON STEEL Stainless Steel Art Corporation will continue to carry out community activities through creating job opportunities and human resource development.

NIPPON STEEL 月星アート工業株式会社NIPPON STEEL 月星アート工業株式会社
earth
top

ファインガード3 (FG3) Developing of Fine Guard 3 (FG3) coating

 ファインガード3(FG3)の「3」は3回の改良を重ねて確立した技術を意味しています。ここではその軌跡を辿ります。
 ステンレスの美麗な外観を維持するには、こまめなメンテナンスが欠かせません。指紋や手垢の目立ちやすいステンレスはそれを除去しようと強く拭くと素地を傷めてしまうこともあり、扱いが難しいことが永年の課題でした。従来、クリア塗装により耐指紋の機能を持たせる手法もありましたが、塗膜が厚いためにステンレスの質感が損なわれ、さらに紫外線による樹脂劣化に起因した塗膜の変色、変質や剥離などが問題となり、ユーザーのニーズを満たすことは出来ませんでした。
 1995年、当社はポリフッ化ワックスのコーティング液(FG1)を開発し、ユーザーにコーティング液を販売して完成品にFG1を塗布してもらう形を取りました。完成品への塗布作業に手間がかかること、クリア塗装と同様に経年劣化があり性能維持のために定期的な上塗りが必要となることから採用は広がりませんでした。
 2002年、ビルや住宅の外装に使われていた光触媒技術を応用したファインガード2(FG2)を開発しました。しかし、室内光での長期の触媒性能を保証出来ず、実用化には至りませんでした。
 汚れ防止処理としてフッ素やシリコンなどの樹脂を使用した「撥水性被膜」が主流である中で、当社は2006年に業界で初めて「極薄親水性皮膜」ファインガード3(FG3)の開発に成功しました。
 当社の開発したファインガード3(FG3)は厚み約1μmの硬質な無機皮膜で、ステンレスの質感を損なわず、長期にわたって防汚性能を発揮します。その優れた効果を確信し、2009年にFG3コーティング技術を確立し、2011年には連続コーティングラインを設置して量産対応を可能にしました。

海外を含めて、耐指紋、耐汚染除去性コーティングは数多く発売されていますが、メンテナンス時に水拭きするだけで汚れを落とすことが出来るファインガード3は業界NO.1の評価と実績を誇っています。

 The number 3 in the coating name (FG3) means times of improvement made to achieve the current technology status.

 Diligent maintenance is essential to maintain the beautiful appearance of stainless steel. To clean off the fingerprints and stains has always been a subject because the material could be damaged if it is wiped harshly. There was a method providing anti-fingerprint function by clear coating, but the texture of stainless steel was damaged because of the thick coating, and there were problems such as discoloration, deterioration and peeling off of the coating due to ultraviolet rays caused degradation, so it was not possible to meet users’ needs.

 In 1995, we developed a polyfluorinated wax coating solution (FG1) and sold it to users to apply it to the finished products. FG1 was not widely adopted because the time and effort required to apply to the finished products, and deterioration over time is same as clear coating, also, regular application was required.

 In 2002, we developed Fine Guard 2 (FG2) by adopting photocatalytic technology used in the exterior of buildings and houses, however, since long-term catalyst performance in room light could not be guaranteed so practical use couldn’t be achieved.

 While “water-repellent coatings” using resins such as fluorine and silicon are the mainstream for preventing stains, we succeeded in developing the industry’s first “ultra-thin hydrophilic coating” Fine Guard 3 (FG3) in 2006.

 Fine Guard 3 (FG3) is a hard inorganic film with a thickness of about 1μm. It has exhibited excellent stain resistance ability for a long period of time without impairing the texture of stainless steel. In 2009, we established FG3 coating technology. In 2011, we installed a continuous coating line to enable mass production.

 There are many anti-fingerprint and stain resistance coatings on the market, including overseas, but Fine Guard 3 that can remove stains by wiping with water only is highly rated with No.1 industry record.

THE DEVELOPER’S COMMENT 開発担当者の声

製造部長 竹下 文晴 (FG3開発当時は開発課長)

ステンレスは意匠性が高く美観に優れる一方で、指紋汚れや清掃に手間がかかるなどの難点があり、美観を維持できる持久性のある保護コートが長年のユーザーから要望で意匠メーカーとしてのテーマでありました。FG3製品化にあたりあたりさまざまな問題、トラブルがありましたが、きっとお客様に喜ばれると信じ営業、開発、製造部門が一つになって実現できた商品です。これからもさまざまな用途へと、世界中へと幅広く展開していくこと実現していきたいと考えています。

Production Manager Fumiharu Takeshita (Development department manager at the time of FG3 development)

Stainless steel is a high design and aesthetic material, it has difficulties with fingerprint smudges and it is time-consuming cleaning. Although there were various problems and troubles in the commercialization of FG3, we believe that customers will surely be pleased, this has been a team work of our sales, development and manufacturing departments. We believe that FG3 will be widely used in various applications and around the world.

アンティークカラー Developing Antique Color

銅系(丹銅や真鍮)材料の硫化いぶし仕上げ、古美調をステンレスで表現できないか、そこからアンティークカラー開発の取り組みは始まりました。
エッチング、化学発色、研磨など複合工程を経るアンティークカラーを新商品として発売開始したものの、材料ロット毎、ひどい時には1枚毎に色調差や色むらが発生し、品質が安定しませんでした。そのため、工程歩留が悪く、クレームも続発することになり、販売を制限するところまで苦境に陥りました。
そこで、各工程での品質改善に向けた取組みが始まりました。エッチングでは、酸液スプレー、搬送ロール、液温、液比重などの条件を見直し、化学発色後の色調に影響を及ぼす各工程間では、何度も条件確認を行いました。また、研磨ラインも改造し、研磨目の均質化を図りました。
約2年の改良を経て安定量産可能となり、2014年には北陸新幹線開通でリニューアルされた金沢駅舎のフレームに、その後、美術館、銀座SIX店舗などにも採用していただきました。2017-2018年にかけて、ROLEX、LEXUS全国店舗での採用が広がり、品質が最も厳しいとされるエレベータへの採用も始まりました。現在では、当社の主力製品の一つになっています。

この複合工程技術によるアンティーク製品は、久しく新製品がなかった化学発色製品に新たな可能性をもたらしました。また、アンティーク仕上材のノイエス(スパッタリング)も各色シリーズ化して発売しており、好評を得ています。

The antique color development effort began from the sulfide finish of copper-based materials (copper and brass), and whether the antique appearance could be expressed in stainless steel.

Although antique colors had undergone complex processes such as etching, chemical coloring and polishing to be launched as new product, sometimes color differences and color un-uniformity still occurred in each material lot, resulting in unstable quality, As a result, the process yield was poor, complains were received, and sales had been limited.

Therefore, efforts to improve quality in each process began. In etching process, conditions such as acid spray, transport roll, liquid temperature, and liquid specific gravity were reviewed, and conditions were repeatedly checked between each process affecting the color tone after chemical coloring. In addition, the polishing line was remodeled to make the polishing grains more uniform.

After about 2 years of improvement, stable mass production became possible. In 2014, with the opening of the Hokuriku Shinkansen the Kanazawa station building’s frame was renewed with the antique finish, and was later adopted by the museum and Ginza SIX stores also. From 2017-2018, adoption at ROLEX and LEXUS nationwide stores has expanded, and it has also begun to be used in elevators, which is considered to have the highest quality. Now it is one of our main product.

This antique product by combined process technologies has opened up new possibilities for chemical coloring products that have not been available for a long time. In addition, antique finish material Neues (Sputtering) is also available in various color series and has gained popularity.

THE DEVELOPER’S COMMENT 開発担当者の声

エッチングライン
河村 隆
× カラーライン
鶴田 貴寛
× 研磨ライン
木下 翔太

スタート工程のエッチングラインでは最終の出来上がりが想像できないため、エッチングの最善の条件を見つけ出すまで中間工程を省いて最終工程のカラーラインで発色テストを繰り返しました。また中間工程である研磨ラインでもカラー発色後の意匠外観などカラー担当の意見を聞いて微調整を行ないました。カラー工程では外観判断基準を上司と決め、最善の方法をルール化し、良好な意匠外観となる条件を定めました。結果的には一工程を増やすことで的中率が上がり安定して生産できるようになりました。

Etching LineTakashi Kawamura
×
Coloring LineTakahiro Tsuruta
×
Polishing LineShota Kinoshita

Since the final result cannot be imagined at the beginning stage of etching line, the intermediate process was omitted until the best etching condition were found. At the final process it was checked repeatedly with coloring test. We also made fine adjustments on the polishing line, hearing the opinions from other line staff. The overall appearance criteria were determined by the supervisor at coloring process and each line has set rules on the best method each time, and experiments were conducted to ensure the best appearance. As a result, adding another processes, the hit rate increased and stable production became possible.

  • 日本語
  • /
  • ENGLISH
月星アート工業沿革と主な製品の発売月星アート工業沿革と主な製品の発売
Tsukiboshi Art history and release of productsTsukiboshi Art history and release of products

「月星印」の由来 The origin of Moon Star symbol

「月星印」の発祥は日鉄日新製鋼の前身、亜鉛鍍の創業後間もない1913年5月に遡ります。民間初の亜鉛鉄板メーカー、亜鉛鍍は、その製品である亜鉛鉄板を永遠不滅の光を放つ月と星を組み合わせ、崇高な天体で表現し、社業の限りない発展の象徴として「月星印」を制定しました。
その後、商標登録、商号の変更を経ながら、日鉄日新製鋼に引き継がれ、鉄鋼製品のトップブランドとして、国内外で広く親しまれてきました。
 月星アート工業は100年以上にわたる先人たちが築き上げてきたフロンティア精神を引き継ぎ、新たな可能性と輝かしい未来に向けて、失敗を恐れず、挑戦を続けます。

The origin of Moon Star symbol dates back to May 1913, shortly after the founding of Zinc Plating company, the predecessor of Nippon Steel Nisshin which is the first private galvanized iron plate manufacturer. The glossiness of the product combines with the moon and stars’ eternal shine to represent a celestial entity that symbolizes the limitless development of the company, so “Moon Star” was established as a symbol for the company.
Since then, the company has gone through trademark registration and changing trade name. The symbol has been handed down by Nippon Steel Nisshin and is widely known as the top brand of steel products in Japan and overseas.
 Tsukiboshi Art will take over the pioneer spirit built by the predecessors more than 100 years ago and continue to challenge without fears.

夢と希望を与える製品を
生み出す力
Ability to create products that give people dreams and hopes.

様々な工程を経て作られるステンレス意匠製品。工業製品でありながら、一人ひとりの技術、感性とチームワークが求められます。
従業員が日々生き生きと仕事をし、失敗を恐れず、新しいことに「挑戦」していくマインドとそれを育む職場があります。

Various processes required to produce a product. Our products are industrial products that demand every employees’ technical skills, sensitivities and teamwork.
We take into account to create a working environment where all employees could work efficiently every day so they could take on new challenges and not afraid of failures.

尼崎市ものづくり達人賞受賞 Amagasaki city craftsman award 
Takashi Kawamura

エッチング及び化学発色を用いた意匠ステンレス鋼板の製造に従事し、業界トップクラスの技術を有します。模様付けするマスキング印刷技術で大面積のものから寸法精度が要求される微細なパターンまで、気温、湿度の変化を考慮し、インク粘度や印刷角度、スピードを調整し厳しい品質を安定して仕上げる技能が評価されました。
また継承してきた技術・技能を更に後進へ伝承すべく後継者指導にも熱心に当たっています。尼崎市ものづくり達人は2001年から2019年の19年間で43人受賞しています。当社は2002年の受賞についで17年ぶり2人目の受賞となりました。

I have been engaged in the manufacture of design stainless steel sheet using etching and chemical coloring methods with leading technologies. From masking printing technology for patterning to large patterns that require dimensional accuracy, in consideration of changes in temperature and humidity, ink viscosity and printing angle, our skill to adjust the speed and finish in order to ensure the strict quality stability was highly appraised.
We are also passionate about passing on the technologies and skills to the next generation. There are 43 people have been awarded with Amagasaki City’s Craftsman Award from 2001 to 2019, this is Our Company’s second award in 17 years following the 2002 award.

THE RECIPIENT’S COMMENT 受賞者の声

エッチンググループ係長
河村 隆

このような賞を頂いてとても光栄です。
エッチング班はグループで動いて作業を行なうことが多い職場です。今のメンバーはもちろん、までエッチング班だった人やみんなの協力や頑張りがあったからだと思います。
ありがとうございます。これからも自分の役割を全うしたいと思います。

Etching Group Chief Takashi Kawamura

I am honored to receive this award.
Etching teams often work in groups, I think it was because of the cooperation and hard work of everyone.
Thank you very much, I would like to contribute more to my work in the future.

新たな可能性への挑戦MEISDEL/タニコー株式会社×日鉄ステンレスアート Challenge New PossibilityMEISDEL /Tanico Co.,Ltd × NIPPON STEEL Stainless Steel Art Corporation.

当社製品の新たな可能性を引き出したキッチン。これまで何度も検討されては実現しなかった分野です。価格と加工性がネックとなってきましたが、製品の良さを見出され、採用して頂いたタニコー株式会社/伊東千春様のコメントです。
■使用製品:ノイエスパールバイブレーション ピンクブロンズ FG(ファインガード)3

Kitchen industry is a new possibility for our products. This is a field that has never been realized even after many studies. Although the price and process ability were the fundamental problems, thanks to Chiharu Ito from Tanico Co., Ltd. who found and adopted our products.
■Product Used:NEUES Pearl Vibration Pink Bronze FG (Fine Guard)3

青山でミシュラン三ツ星を7年連続取り続けた シェフ が八ヶ岳で昼夜一組ずつのお店を開店しました。
シェフの思いが詰まった一点もののキッチンです。シェフが使いやすい高さにミリ単位で製作した、シンクや作業台。
和食なので銅をイメージしてパールバイブレーションピンクブロンズを大変気に入り、扉材等すべてパールバイブレーションピンクブロンズで作りました。
ガスレンジや冷凍冷蔵庫、製氷機、レンジフードなどもすべてオーダーでパールバイブレーションピンクブロンズ仕上で統一し一体感のある厨房となりました。

タニコー株式会社 MEISDEL室
須賀千尋様・伊東千春様
https://www.meisdel.com/

A chef opened the restaurant at Yatsugatake after working at 3 Michelin-Star restaurant in Aoyama for 7 consecutive years.The kitchen is filled with the chef’s thoughts. The sink and working space’s heights are custom made in millimeters for more comfortable usage.
Because the restaurant serves Japanese Cuisine, all the door materials are made of Pearl Vibration Pink Bronze with color image of copper.The gas stove, refrigerator, freezer, ice maker, range hood etc. are all made of Pearl Vibration Pink Bronze materials to create the uniformity in the kitchen.

Tanico Co., Ltd.  MEISDEL Office
 Chihiro Suga・Chiharu Ito
https://www.meisdel.com/

プロダクトデザイナーとの企画辰野 しずか×日鉄ステンレスアート Planning with product designersShizuka Tatsuno×NIPPON STEEL Stainless Steel Art Corporation.

Concept 奥行きのある繊細で柔らかい質感

霧や雨など、空や大気の自然をテーマにデザインした今回のステンレス製のスツールは、美しい色と質感を作る事が出来る日鉄ステンレスアートのステンレス加飾技術から生まれました。鏡面やエッチング、バイブレーションやヘアラインなどの研磨加工を用いて、繊細で奥行きのあるグラデーションの質感作りに挑戦しました。一般的に無機質で冷たい印象を持つステンレスですが、この技術により自然を思わせる柔らかい印象の表情を作る事が出来ました。色々な角度から素材の表情を楽しんでいただけるよう、箱型の立体形状にし、それぞれの面の柄が綺麗に繋がるように手作業で仕上げをしていただきました。水に強い元々の素材特性も有りながら、更にファインガードという加工を施すことで指紋がつきにくくなるため、手をついて座れるスツールのサイズにしています。美しい質感や色、汚れを気にしないで使えるこの加工技術は、他にも様々なプロダクトで活躍するのではないかと思っています。

プロダクトデザイナー 辰野 しずか

Material ConneXion Tokyoで開催されていました、
辰野しずか氏とのコラボ企画展「MATERIAL DESIGN EXHIBITION 2019」 は12月20日で終了いたしました。

Concept Delicate and Soft Texture with Depth

The stainless steel stool was designed under the theme of atmospheric nature, which includes the elements of sky, mist and rain, and originated from the tecnology of NIPPON STEEL Stainless Steel Art Corporation. that has a reputation for delivering authentic colors and exquisite textures. Using polishing processes such as mirror surface finishing, etching, vibration and hairline, met the challenges of creating a delicate and intensive gradation texture. Despite the inorganic and cold impression that stainless steel generally has, a soft impression that reflects the essence of nature has been created. The stool evolved into a box shape to utilize the final finishing touches beautifully handcrafted to connect patterns on each side so that the viewer can enjoy the expression of the material from all angles. The Fine Guard 3 treatment is applied even though the material is water resistant, and it becomes fingerprint free on all sides. The user can then place their hands on it as desired upon sitting down. This exclusive method creates refined surface texture and colors with blemish free features that can be used in various future products.

Shizuka Tatsuno

クリーンディ Clean day

月1回の工場周辺の清掃美化活動を10年以上続けています。近隣学校の通学路でもあり、皆が気持ちよく歩ける環境づくりを目指しています。

We have been cleaning the area around the factory once a month for more than 10 years. This is also a school road for neighboring schools, and we are aiming to create an environment where every can walk comfortably.

ファインガード3(FG3)製品の
環境への貢献
Social contribution of Fine Guard 3 (FG3)

ファインガード3はステンレス意匠鋼板などに水系処理液を塗布し、水を蒸発・乾燥させたシリカ系無機質の極薄皮膜です。一般的な塗料に含まれる有機溶剤を一切使用していないので、製造段階で揮発性有機化合物(VOC)等の環境負荷物質が発生せず、クリーンな環境で生産できます。
ファインガード3は親水性の皮膜なので、表面に付着した指紋などの汚れが水で浮上がり、水拭きで簡単に落とせます。従来のような研磨剤入り洗剤や有機溶剤などを使った清掃が不要になります。また、ファインガード3製品は衛生試験結果において有害物質は未検出あるいは基準値以下であり、衛生面でも優れています。
このように、ファインガード3製品は従来製品に比べて環境負荷物質の排出や使用を大幅に減らすことができる環境にやさしい製品です。

Fine Guard 3 is a silica-based inorganic thin film in which the water in the water-based solution that is applied to stainless steel surface evaporated and dried. Since organic solvents contained in general paints are not used, hazardous substances such as volatile organic compounds (VOC) are not generated during manufacturing which makes the production very clean for the environment.
Because Fine Guard 3 is a hydrophilic film, stains such as fingerprints can be lifted with water and wiped off easily, there will be no need to use conventional detergents or organic solvents. In addition, the Fine Guard 3 is a superior hygienic produt not only because there are no toxic substances detected and also the result shown in the hygiene tests are all below the standard.
We believe that Fine Guard 3 is an environmental friendly product that can significantly reduce the emission and usage of product containing hazardous substances more than other conventioal products.

衛生試験結果 Hygiene Test Result

溶出試験
Dissolution Test

Lead
検出せず
Not detected
カドミウム
Cadmium
検出せず
Not detected
重金属
Heavy Metal
検出せず
Not detected
アルデヒド類
Aldehydes
基準値以下
Below standard value
VOC類
VOC
基準値以下
Below standard value
急性経口毒性試験
(マウス)
Acute Oral Toxicity Test
(Mouse)
異常認められず。
死亡例なし
No abnormality was observed, No deaths